ヴィトックスαのすべてがわかってしまった・・・

ヴィトックスαをお酒で飲用すると2つのデメリットが・・・

ヴィトックスαお酒で飲用することで2つのデメリットがあります。

 

ヴィトックスαを飲用する際に

『ヴィトックスαは薬じゃないしまぁいいか』

と考えてしまってついお酒で飲用してしまうということは避けましょう。

rapture_20160308172932

 

お酒で飲用することのデメリット1つ目

 

お酒でヴィトックスαを飲用するとヴィトックスαの成分が吸収される前に体外へ排出されてしまうということになる。

 

これはお酒を飲むと人間の身体はアルコールを「毒素」と認識するのですが、毒素として認識した肝臓の働により優先的にアルコールの分解を始めるのです。

 

「お酒を飲むとトイレが近くなる」というのはこのアルコールの分解が始まります。

 

yjimage (2)

 

アルコールという毒素を優先的に体外へ排出しようとするせいで、トイレに行った際に尿と一緒にアルコールを排出するのです。

 

この尿と一緒に「吸収される前のヴィトックスαの成分」が体外へと排出されて効果が薄れる又は効果がなくなるという結果に。

 

せっかくの栄養成分をただ捨てることになるので「飲む意味」がなくなってしまいますのでお酒での飲用は避けましょう。

 

お酒で飲用することのデメリット2つ目

 

ヴィトックスαはサプリメントであるため副作用を起こす可能性は低いですが、お酒で飲用することにより副作用を引き起こす可能性が高まります。

 

お酒を飲むと血行が良くなるのですが、ヴィトックスαのような増大サプリメントには血行促進の効果もあります。

 

もしヴィトックスαの成分が吸収前に体外へ排出されていれば問題はないのですが「残っていた場合」

ヴィトックスαの効果によりさらに血行促進が促されます

 

より血流がよくなり効果がアップするとは思わないでください。

決して相乗効果にはなりませんし副作用として動悸不全を引き起こす可能性があります。

 

もしくは頭痛やめまいといった副作用の可能性もありますし、嘔吐してしまうということも考えられます。

気持ちよくお酒を飲んでいるときにこのような副作用を引き起こしてしまっては台無しになりますよね。

 

rapture_20160406204929

 

それならば飲用する時間をずらすだけでこの問題は回避できるので「ヴィトックスαの飲用の時間をずらす」ということを考えてみてはどうでしょうか。

 

お酒での飲用はしない

 

ヴィトックスαの栄養成分をしっかりと吸収するためには、水かお湯(ぬるま湯)での飲用が一番です。

これはヴィトックスαの栄養成分吸収の「妨げにはならない」からです。

 

これをアルコールで飲用してしまうと栄養成分吸収の「大きな妨げ」となるのを理解しておいてください。

 

妨げとなるかならないかの違いは

「アルコールは身体に毒素と認識されるため優先的に体外へ排出される。その際ヴィトックスαの成分も排出される為に妨げとなる」

「水とお湯は毒素ではないので問題はなく妨げにはならない」

ということです。

 

ヴィトックスαは正しい飲用をすればこそ効果を期待できるというもの。

つい軽い気持ちでお酒で飲用すると効果が薄れる又は効果がなくなるので、しっかりと効果を得たいならばお酒での飲用はしないようにしましょう。

 

 

オススメ記事

ヴィトックスαの効果

ヴィトックスαの口コミ

 

 

特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ