ヴィトックスαのすべてがわかってしまった・・・

血圧が安定しないとヴィトックスαを飲用出来ない理由とは

血圧や低血圧の方で

「自分はヴィトックスαを飲用してもいいのだろうか?」

とお悩みの方がいるのではないでしょうか。

今回は高血圧や低血圧についてお話します。

高血圧の方

最初にお伝えしておきます。

高血圧の方は自分の判断だけで、ヴィトックスαを飲用しないでください。

まず病院へ行き医師への相談が必要になります。

 

rapture_20160419210000

 

だからと言ってヴィトックスαを「絶対に飲用出来ないということはない」のでお読みください。

 

高血圧で病院へ通われている方なら、降圧剤という薬を処方されているのではないでしょうか。

 

もし薬を飲んでなくても医師への相談が必要になりますが、この降圧剤とヴィトックスαの併用は絶対にしないようにしましょう

 

ヴィトックスαにはペニス増大の為に「血流を増加」させる効果があります。

 

なので高血圧でヴィトックスαを飲用し血流を増加させてしまうと、降圧剤の本来の目的がなくってしまいます。

 

降圧剤の目的とは血流が必要以上に増加しているので、それを抑えて安定させる目的があります。

 

そこでヴィトックスαを飲用して、血流を増加させると身体に大きな負担をかけることになるということ。

「じゃぁ飲めないのか?」

と心配される方もいるでしょう。

 

しかし降圧剤の種類によってはヴィトックスαとの併用も可能なものがあるようです。

 

それはこのようなところで判断出来るものではないので、病院へ行き医師への相談が必要になってくるんですね。

 

 

 

rapture_20160419210035

 

とは言ってもヴィトックスαを飲用したい目的は皆同じ。

 

言い出しづらいのはよくわかります・・・

 

でもこればかりはきちんと伝えないことには始まらないので、ヴィトックスαの成分を医師へしっかりと伝えましょう。

もし既に購入しているのであれば、箱ごと持っていって説明をする。

 

それか面倒でなければ成分を全てメモしてそれを医師に渡す。

 

「こういう成分が入っているサプリを飲みたいんだけど」

というような感じですね。

 

もし降圧剤とヴィトックスαを併用できなかったとしても、血圧が安定したら飲めるようになります。

なのでアナタは絶対にヴィトックスαを飲用出来ないということにはなりません。

 

低血圧の方

 

「低血圧の方は高血圧じゃないからヴィトックスαを飲用しても大丈夫」

ということにはなりません!

 

低血圧というのは血流が悪いということ。

ヴィトックスαを飲んで血流が良くなるなら、飲んでも大丈夫なのでは?と勘違いはしないでください。

 

確かに血流はよくなるでしょう。

だからと言って改善されるのとは違うのです。

 

低血圧や高血圧の方が薬を飲んで改善していくなら、それは極力身体に負担をかけないように「ゆっくり改善」していくのです。

 

そこでヴィトックスαを飲用してしまい、急激に変化が起こると身体にとても負担になるということ。

 

負担をかけるというのと、改善していくというのは全然違うもの。

 

低血圧の方もご自身の判断でヴィトックスαを飲用せずに、医師への相談が必要になります。

 

しっかり改善されないうちにヴィトックスαを飲用してしまうと、ただ身体に「急激な変化」という負担を与えるだけです。

 

そして低血圧の方もこれから先絶対に「ヴィトックスαを飲用出来ないというわけではない」のでその点は安心してください。

 

改善されればしっかりとヴィトックスαを飲用出来ます。

 

rapture_20160419210127

 

高血圧の方や低血圧の方も、ご自身の判断でヴィトックスαと薬を併用した場合。

副作用で動悸不全を引き起こす可能性があります。

 

副作用を起こして更に身体に負担をかけないようにしましょう。

アナタ自身の健康体があってこそ、ヴィトックスαというサプリで増大を目指していけるのです。

 

身体に負担をかけてしまうような事だけは避けてくださいね^^

 

 

特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ