ヴィトックスαのすべてがわかってしまった・・・

ヴィトックスαの副作用を避けるために教えてあげたい情報

ヴィトックスαはサプリメントであるため、副作用が起こる可能性はほぼないとされています。

しかしある飲み方をしてしまうと、副作用を引き起こす可能性を高めることになるので注意が必要。

副作用を起こさないためには気をつけることがあります。

↓こちらでも詳しくまとめてあります

ヴィトックスαの副作用

 

ヴィトックスα

ヴィトックスα飲用で副作用を起こさないために

ヴィトックスαはサプリメントだからといって「飲みすぎは禁物」

飲みすぎると副作用の起こる確率がグンと高くなります。

 

ヴィトックスαは1箱に「30粒」これは1か月分なので、1日1粒だけ飲むようにしましょう。

3粒飲んだら効果が3倍?!ということには絶対になりません!

 

ただ副作用を起こす可能性を高めているだけです。

 

rapture_20160421120404

 

ヴィトックスαを飲みすぎると、どのような副作用があるのかご説明しましょう。

 

ヴィトックスαには亜鉛も含まれているのですが、この亜鉛は過剰摂取しても副作用が出る可能性はほとんどないとされています。

 

「亜鉛は摂りすぎても体に害はないから大丈夫」

と、バカな事は考えないでください。

 

確かに1日くらい亜鉛を摂りすぎても副作用はないかもしれませんが、これが毎日続くと必ず副作用が起こります。

 

亜鉛を摂りすぎでの副作用例ですが「頭痛や発熱」はもちろん、神経の障害等もあるんですよね。

神経の障害とは手や足が冷たくなったり、下半身に汗をかかなくなる。

このような実例があります。

 

そしてヴィトックスαには亜鉛以外にも様々な成分が含まれている。

 

どの成分も摂りすぎは副作用を起こす可能性を高めるので、ヴィトックスαを飲みすぎないように注意しましょう。

 

rapture_20160421120506

 

副作用を起こすと更なる可能性が

副作用を起こさないために「ヴィトックスαを飲みすぎない」ということですが、こんなことは「どこにでも書かれています」

 

ですが皆さんこのことに関しては、あまり気にされていないのではないでしょうか?

 

「簡単に考えすぎ」なんですよね。

副作用を起こすだけならまだしも「その副作用のせいにより」重大な事故に繋がる可能性も出てくるとは思いませんか?

 

例えば車を運転中に突然めまいがしたり、意識がもうろうとして事故を起こしてしまった。

または外を歩いている時にめまいを起こしたことにより、倒れ込んでしまい頭を強く打ってしまった。

 

このような事だって十分に考えられるのですよ。

副作用を起こす可能性があるのは何も「家の中でだけではない」ですよね。

 

こうした可能性を考えると副作用を引き起こさないように、ヴィトックスαを飲みすぎないように注意したほうが良いです。

 

そうなってしまうと周りの人やパートナーに、すごく心配をかけてしまうので注意しましょう。

 

特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ